計画の立て方はこうやる!勉強や仕事に使えるコツ10選大公開

メタ坊
いつも計画倒れしちゃうんだよなぁ

トレ男
計画の立て方次第で目標達成率はがくんと下がるらしいからね

メタ坊
やっぱりそうなんだ!計画の立て方のコツが知りたいよ!

トレ男
チェルキーくんに聞いてみよう!


失敗しない計画の立て方、計画倒れにならない計画の立て方のコツを知りたいですよね!

せっかく努力をするわけなので、正しい計画の立て方であなたの目標を達成できる計画を立てましょう。

私チェルキーはというと、以前は計画したとしても計画倒れになることが多く、どうしたものか?と悩んでいました。

そこで、いろんな本やセミナーなどを通して、どうすれば計画倒れしない実行可能な計画を立て、目標達成することができるのか?を学び、今では計画通りにその日を過ごすことができるようになっています。

もちろん、ずれることがあっても、それさえリカバリーできるように計画を立てているので大丈夫。

計画倒れしない計画の立て方のちょっとしたコツを知るだけで、あなたも実行可能で現実的な計画を立てることができるようになるでしょう。

学校では教えてくれない計画の立て方のコツ!勉強にも仕事にも使えるのでぜひ参考にしてみてください。

今回の記事は、

  • 計画の立て方のコツ10選
  • 計画の立て方がわかるオススメの本3選
  • 計画が失敗する人の特徴7つ
の順番で書きまとめています。それでは、1つ1つ解説していきますね。

スポンサーリンク





計画の立て方のコツ10選



さっそく計画の立て方のコツ10個をご紹介していましょう。



後方プランニングで考える


後方プランニングとは、目標を達成する日付から逆算して、計画を考えることです。この逆は、前方プランニングといい、現在の日付から目標達成までの計画を立てることをいいます。

例えば勉強計画を立てる時に後方プランニングで考えるというのは、1冊の参考書を何月何日までにやると決め、参考書のページ数を今日からその日までの日数で割る。

すると、1日あたりにこなさなければならないページ数が具体的に数字としてわかります。

これを前方プランニングで考える場合は、今日から1日に自分が勉強できるであろうペースで参考書のページ数を決めていく目標の立て方。

後方プランニングは、明確な目標を達成できるであろう日付から考えることで、終わりを意識しながら計画を立てることができます。そのためモチベーション高く、維持もしやすい…

よって、後方プランニングで計画を立てた方が、目標達成率が上がるようです。



他人の場合で考える


計画を立てるときに、計画倒れになってしまう原因の1つが、1つの予定に対する時間配分が間違っているケースです。

例えば、本当は2時間かかるものを、1時間で終わるだろう…と考えて計画してしまう。

こうすると、実際は2時間かかるので、当日は1時間の遅れが発生し、後ろのスケジュールが計画通りに進めることができなくなり、計画倒れになってしまいます。

こうならないために効果的なコツが、その予定を完了するのに、『赤の他人だったらどれくらいのスピードで完了できると思うか?』と考えることです。

計画倒れで終わる人の特徴は、計画を立てるときに、これは1時間、これは2時間かかるな…と考えると思うのですが、どちらかというと、これは1時間で終わらせたいな、こっちは2時間以内には終わらせたいな…という願望で計画を立てる人が多いようです。

そこで『他の人がこの予定をするとしたら、どれくらいの時間がかかるかな?』と考えることで、客観的な時間で計画を立てることができます。



1日の予定タスクは15分単位で考える


計画倒れをしてしまう人の特徴として、1つの予定が抽象的で、かつ、時間が長すぎる傾向にあるようです。

例:
例えば、あなたはこういうことを経験したことはないでしょうか?

18時〜20時に数学の勉強なり、何かこれをする!…と決めたとします。

しかし、あなたが決めた開始時間である18時のスタートに間に合わなかった場合、『あー、間に合わなかった…予定がずれ込んで、18:30になってしまった…今日はもういいか…』となってしまう…

たとえ18時のスタートに間に合ったとしても、『なんだか気が乗らないな…』…とモチベーションが上がらずに、結局ダラダラ過ごしてしまうケースはありませんか?

これは予定したタスクが抽象的で、かつ、時間が長いため、その予定に取り掛かること自体がストレスになり、そのストレスを避けようとしているのです。

そのため、15分程度の短い時間でできるタスクに小さくして、かつ、最初のタスクは難易度も非常に簡単なレベルのものにします。

例:
例えば、先に例としてあげた『18時~20時に数学の勉強をする』というのを、18時〜18時15分で、数学の参考書を開いて、今日どこまでやるのかパラパラみて確認し、前日の復習をする。

とすれば、具体的に何をやればいいのか?も明確で取り掛かりやすく、実行するタスクも、

  • 参考書を取り出す
  • 今日勉強する範囲を確認する
  • 前日の復習をする
という難易度の簡単なものばかりです。

こうすることで、取り掛かる心理的ストレスを下げ、『なんだか気が乗らないな…』という心理状況に陥らないように計画します。


他にも、18時の予定に間に合わなかったとして、15分程度のタスクだと、『まだ取り戻せる』と感じます。

2時間のタスクが遅れると、もうどうにもならないな…と感じるのに、タスクを小さくして、時間を短くしただけで、開始時間が遅れても、モチベーションがだだ下がりすることもなく、微調整できるようになるのです。

人はひとつのことに2時間も集中できません。最終的には15から30分単位の行動に分解し、自己投資の時間としてスケジュールに落とし込んでいくのです。引用:リーダーたちの名言集


スポンサーリンク




バッファをもうける


バッファとは、空白の時間をあけておくことです。なぜかというと、計画はあくまで計画通りですから、予定以上に時間がかかってしまう場合があります。

こうしたときに、もしギチギチに予定を入れていると、取り戻そうとしても取り戻せないのです。

予期しない用事が飛び込んだりするかもしれないので、あらかじめ、1時間なり、2時間なり、余裕を持たせた計画を立てましょう。

そして、予定通りに終わったとして、そのバッファでやることも決めておきます。

決めておかなければどうなるのかというと、やるべきことはやったのだから、ダラダラしてもいいよね!と考えてしまうでしょう。

確かに、それもそうなのですが、毎日が順調に計画通りに終わるわけではなく、バッファを持たせていたとしても、調整しきれない遅れが発生する場合もあるのです。

そのために、調子が良くて計画通りに終わったときは、用意していたバッファは次の日の計画を前倒しで実行するなどしましょう。

休みの日は他の日に取っているでしょうから、その日に休むべきで、それ以外で『あれ?ちょっと時間空いたぞ!』っと思った時は、休むのではなく、もっと早く目標達成できるように前倒しで行動すべきかと思います。

メタ坊
人間は弱い生き物…

トレ男
決めておかなければ、すぐ楽なことをしてしまうんだよね…




重要度の高いものは朝に予定を入れる


目標を達成するために重要度の高いものを、なるべく朝の時間帯に済ませるようにしましょう。

朝起きて、ラインやSNSの確認、なんとなくニュースをダラダラ見ていないでしょうか?

朝は1日のうちで最も疲れていない状態で、頭も冴えていますから、仕事も勉強も捗る時間帯です。

人は簡単なことから初めてしまいがちですが、どうでもいい簡単なことは、1日で最も疲れている夜の時間帯でも問題なくできることでしょう。

計画していた予定がたとえ、遅れたとしても、重要度の高いものだけは、『やらなかった』となるわけにはいかないので、確実にやるべき重要度の高いものは、朝にやるように計画しましょう。



仮説と検証で計画の精度をあげる


あなたが立てた実際の計画と、現実にはどれだけの差があるか?明確にチェックしていきましょう。

他人の場合で考えて、客観的に時間を見積もったとしても、実際は予定していた時間より2倍の時間がかかるかもしれません。

そして、それは

  • 単純に時間が2倍必要だったのか?
  • 前日の睡眠不足が原因なのか?
  • 夜の疲れた時間帯にやってしまったためなのか?
  • 食後すぐにやってしまったからなのか?
  • 部屋が寒くて集中できなかったからか?
  • 邪魔が入ったからか?
など、予定通りに終わらなかった原因を考え、実際に必要な本当の時間を正しく見積もれるように検証します。

合わせて、予定通りに終えることができたとしても、もっと早く終わらせることができるか?とも考えることで、より早く実行できるように精度をあげていきましょう。

スポンサーリンク





プランBを用意する


目標を達成するために計画を立てたときに、もし計画通りにいかなかった場合はどうするのか?ということまで考えておくのも重要です。

この時間は数学のこれこれをする、仕事の報告書を作る…など15分、30分程度で終わらせるタスクがあったとして、どうしても気が乗らなかった場合、

  • 数学ではなく英単語の暗記をやる
  • 前日の復習をする
  • 報告書の箇条書きだけでも作る
などのように、目標を達成するために必要なプランBを用意しておくのです。

本来立てた計画が1つしかければ、その計画ができなかったときに目標達成が大きく遅れた…と考えてしまい、モチベーションが下がってしまいます。

目標を達成する方法は、あなたが実際に立てた1つの計画以外にもあるんだ!と認識しておくことが大切です。

メタ坊
この方法がダメでも次がある!と思えることで心理的不安も解消できるのか…

トレ男
逆に1つしかないとできなかったときに一気にテンション下がるんだよね…大事なコツだ…




計画の邪魔になるであろうことを書き出す


いきなり他の予定が入ってしまって、計画倒れになってしまうことはよくあることです。なので、『計画を行う上で、何か邪魔が入るだろう』ということはあらかじめ、書き出しておいて、それに対しての対応を用意しておきましょう。

  • 勉強をしていて、友達から誘われたらどうするのか?
  • 上司からいきなり仕事を振られたらどうするのか?
  • 頭が痛いなど体調を崩してしまったらどうするのか?
あらかじめ、不安要素を書き出しておいて、それに対してどう対処するのか?考えておくのです。

ここを用意しておかなければ、なし崩し的に計画倒れになってしまいます。

あなたは順調に計画通りにスケジュールをこなしていたのに、他の誰かからの声掛けで、計画倒れになったことはありませんか?



To Doリストは使わない


多くの成功者がTo Doリストを使っていないことがわかっています。なぜかと言うと、計画を実行する上で、必要なことはスケジュール通りにいかに実行していくか?です。

To Doリストを作成しても、

  • リストを作成しただけで満足してしまう
  • 簡単なものから取り掛かってしまう
  • 1つのタスクに必要な時間がわからない
このような自体に陥りがち…

集中すべきはあなたが計画した予定をこなすことなので、計画を立てた後はToDoリストは不要です。


目標は具体的に立てる


目標は具体的に立てなければ、計画も立てられません。抽象的な目標ではなく具体的な目標を立てましょう。

具体的に目標を立てるときに使いやすい法則としては、SMARTの法則というものがあるので、ご紹介しておきますね。

S pecific     = 具体的、わかりやすい
M easurable  = 計測可能、数字になっている
A greed upon  = 同意して、達成可能な
R ealistic  = 現実的で結果志向
T imely  = 期限が明確、今日やるなど
引用:SMARTの法則


これを元に自分の目標を決めておくといいです。

メタ坊
なるべくSMARTの法則になるようにではなくて、全部揃っていることが大切だね

トレ男
しっかり当てはめて考えてみよう




計画の立て方に役立つ本


私が計画の立て方が上手くなるのに役立った本をご紹介します。


1日を分数で表すと1440分しかない!という教えはとても衝撃的でした。

計算すれば当たり前ですが、夜クタクタになって21時に帰ってきたとき…もう今日は疲れたから休みたい…と思ったとしても、今日という日は、残り180分しかない…と考えると、頑張ろう!と思えてきます。

他にも様々な計画を立てるときに役立つ時間術について書かれています。




行動科学マネジメント第一人者の石田淳氏の本。

たとえその予定が時間通りに終わらなかったとしても、一旦は終了し、なぜ予定通りに終わらなかったのか?振り返る…という、後から振り返るのではなく、すぐに振り返ることを教えてくれるなど様々な教えが詰まっています。

一流の時間の使い方と自分の時間の使い方を対比させることで、計画の立て方にもとても役に立つ本です。



科学的根拠のある時間術を詳しく、かつ、わかりやすく説明してくれている本。Daigoさんの本は本当に読みやすく、読者の頭に馴染むように考えられた構成になっているため、本を読むのが苦手な人でもスルスルと読み進めることができます。

しかも、書いている内容の信ぴょう性がかなり高く、説得力もあり、具体的事例もしっかり書いてくれているので一番オススメ!


では最後に、計画倒れにならない計画の立て方のコツ10選をご紹介したので、逆に計画倒れになる計画の立て方もご紹介しておきます。



計画倒れになる計画の立て方7選


  • 予定しているタスクが、抽象的すぎる
  • 数学をする、報告書をかく…では抽象的すぎです。

  • 見積もりが甘い
  • 1時間かかるタスクなのに、20分かかるタスクとして計画する

  • ギュウギュウに予定を詰める
  • イレギュラーな予定が入っても大丈夫なようにバッファをもたせましょう。

  • 休みの日をつくらない
  • 精神的、体力的な休息も必要です。

  • 現実的ではない計画を立てる
  • 毎朝4時半に起きる!睡眠時間を削る!自分にはできない量のタスク、レベルで計画してしまうなど

  • 目標が抽象的
  • SMARTの法則を使って目標を立ててください。

  • 柔軟な対応ができない計画の立て方をしている
  • プランBを用意しましょう。

メタ坊
なるほど!計画の立て方のコツがわかったよ!

トレ男
よし!じゃあ、さっそく計画を立ててみよう!



目標達成率の高い計画を一発で作ることは不可能です。最初は仮説で作り、振り返りながら、本当に実行性の高い、あなただけの計画を立てましょう。

計画は実行できなければ意味がありません。計画を立てるのが楽しくて、こういう感じに計画が進むといいよな!と理想や妄想で計画を立ててはいけないのです。

仮説で計画を立て、実際に実行してみて、振り返り、誤差を修正して、実行性の高い計画を立てることができるようになります。

ぜひ今回紹介した計画の立て方のコツを参考に、あなたの目標を叶える計画を立ててみてくださいね!


スポンサーリンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください